DD仙川セルフSS

オイル交換の頻度はどの程度が適切なの?

つい忘れてしまいがちなエンジンオイル交換。理由として考えられるのが交換時期の定義がわかりづらいというのと交換してからどの程度、走行したのか忘れてしまっているという点が考えられます。交換時期を大幅に過ぎてしまうと車の故障にもつながる原因にもなるので気を付けたいものです。

 

オイル交換の時期の目安は?

オイル交換の目安は、走行距離3,000km~5,000km毎もしくは3ヶ月~6ヶ月毎が目安とされています。当然、車の走行状況によっても変わってきます。高速道路で走行が多い車であれば3000kmでの交換が望ましいです。

オイル交換の時期の目安は?

 

エンジン内部をきれいに保つためのフラッシングも必要!

オイル交換をするときにフラッシングはいかがですか?と聞かれる機会があると思います。このフラッシングは、エンジンオイル交換で取りきれなかった汚れがヘドロ状になってエンジン内部に蓄積してきます。ヘドロ状になった汚れは、つまりや潤滑の不良をおこし燃費の悪化にも繋がります。エンジン内部環境をきれいにするためにフラッシングをする必要があるのです。

 

オイル交換のオイルはどれも同じ?

オイル交換のオイルはどれも同じではありません。エネオス仙川SSでは、ENEOS X(エネオス エックス)シリーズをご提供しております。エンジン洗浄力が2倍で低燃費性向上。オイル交換目安が前述で申し上げた時期より長い。5,000km〜7,500km毎もしくは5ヶ月〜1年と期間も長いです。またハイブリッド車などにもおすすめです。このようにオイルによりいろいろと違いますので交換するときは、ENEOS X(エネオス エックス)シリーズをおすすめします。詳しくは店頭スタッフまでお聞きください。